株という金融商品について

金融政策と株について

bing

金融商品についての情報

HOME | SITEMAP

トップ

新着情報

金融と株式投資の関係

昨年末から、今年つい最近まで日経平均がかなり上昇しました。これがいつまで続くのかと思いきや、ここ最近株価がかなり下がってきました。アベノミクスでは、大胆な金融政策ということで大規模な公共投資を行う事が盛り込まれています。企業の成長消費の増大をねらってのことだと思いますが、それらをうけ日本の株価は、上昇し株式投資に目が向けられ個人投資家も参入してきた感があります。では、この金融政策で一般市民に恩恵があるかというと、まだまだそこに到るまで期間はかかりそうです。今回の株価の上げ下げで恩恵を受けたのは、一部の人たちだけではないでしょうか?ただ今後も期待をしております。

やっぱり株式投資は面白い

金融関係の事に詳しくなくても、株式投資というのはとても楽しいものです。自分の好きな会社、投資したい会社、憧れている会社に、自分のお金を投資して株主になれるのです。子供の頃からお馴染みの食品会社や、ゲーム会社、航空会社、電力会社などなどの株主になれるのです。そして、時期が来たら、株主優待、配当などがもらえます。それで、自分の投資している会社がもっともっと身近に感じる事が出来るようになります。しかし、株式投資は必ず儲かるという物ではなく、含み損を長く抱えないといけない場合もあります。あるいは自分が投資していた企業が倒産してしまう事もあります。しかし、物凄い利益を生み出す事も、もちろんあります。株式というのはとても面白い金融商品です。

© Copyright 株という金融商品について. All rights reserved.